東海アクシス看護専門学校

カリヨン祭

新着情報

お知らせ

イベント

入試・進路ガイダンス情報

カリヨン祭について

写真:カリヨン祭

本校の学校祭です。学校のシンボルであるカリヨン(鐘)から名づけられました。 看護学生ならではの企画(健康チェック、健康教室)や学習の成果(健康教育など)の発表をはじめ、飲食の模擬店など、地域の皆さんとの交流の場でもあります。

令和2年11月7日(土)に第24回カリヨン祭(学校祭)を開催しました。

今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、一般公開はせずに学生、教職員のみで開催しました。今回は「~看護の力で創る未来~」をテーマに、学生実行委員が中心となって、車椅子体験、沐浴体験、ハンドマッサージなど看護学校ならではの企画を開催したほか、実行委員会企画として、「HOPE(希望)」と題し、各クラスで決めたテーマについて各自が思うこと(希望)を学生ホールに掲示しました。「国試が終わったら何がしたい」(3年)「コロナが終息したら何がしたい」(2年)など、今の学生の思いが書かれていました。また、学校敷地内にて献血車で学生・教職員53人が献血をしました。

企画の中で最も盛り上がったのは「チューター対抗ベッドメイキング競争」でした。各チューター、3ペア(1年2人、2年2人、3年1人と教員)でリレー形式にてベットメイキングを行い、タイムを競いました。教員も学生に混じってベットメイキングをし、応援の学生の声で演習室は熱気に包まれました。コロナ禍でチューター交流会が開催できていませんでしたので、異なる学年同士の交流が深まりました。

カリヨン祭は、学生と地域の方々との交流の場として毎年行ってきました。今年度はコロナ禍で一般公開ができず大変残念ではありましたが、コロナが終息した暁には、一般公開の形でカリヨン祭を行えるよう準備したいと思います。その際にはカリヨン祭への多くの方のご来場をお待ちしています。

今回のカリヨン祭は、1・2年生15人から構成されるカリヨン祭実行委員会が中心となって準備から当日の全体の進行、各企画の取りまとめ、会計等の事務を行いました。委員の学生の感想を紹介します。

【中村実行委員長】 

係によって準備の仕事の負担が違うので、係の範囲を超えて協力することが大切と思いました。コロナ禍だからこそ考えなければならないことも多く、1年生には来年に活かしてほしいです。

【長谷川副委員長】

 人を動かしたり指示を出したりすることの大変さを感じました。当日はすべてが想定どおりにいくとは限らないので、その時にしっかり対応できるかが大切であり、この経験は看護師においても大切なことだと強く感じました。来年は実行委員長としてまとめていく立場になるので、来場された方全員が楽しかったと思っていただけるようなカリヨン祭を他の実行委員と一緒に作っていけるように頑張ります。

【2年生委員(企画)】

「HOPE」などカリヨン祭委員でアイデアを出し合って主体的に動いて、模造紙の展示を行いました。学生のみとなり学校祭感は少なかったですが、その分先輩・後輩との交流ができ情報共有もできました。委員会に加わって昼休みや放課後を使って効率よく仕事を行うことの大切さを学びました。来年は一般公開できるかどうかわかりませんが、今年以上に盛り上がるカリヨン祭を作り上げてほしいと思います。

【2年生委員(企画)】

各クラスでテーマを決めて、それぞれが付箋に思うことを書いて、クラスごとまとめましたが、それぞれのクラスの個性があって面白くできて良かったです。昨年度からカリヨン祭委員をやっていますが、昨年度と違う形式での開催となり、新たに考えることが多く大変な面もありましたが、1年生とも仲良くできて楽しかったです。1年生には来年も頑張ってほしいです。

ページのトップへ