東海アクシス看護専門学校

新着情報(カテゴリー別一覧)

5月12日(日)に令和元年度宣誓式を行いました。

2019.05.17新着情報

看護学科2年生57人がナイチンゲール像からいただいた看護の灯を掲げ、自分の目指す看護師像を大きな声で宣誓しました。

山本 洋子校長は「誓いの言葉を述べる前に皆さんがナイチンゲール像から、ろうそくの灯を受け継がれました。クリミア戦争でのナイチンゲール女史の活躍の故事から、ろうそくの灯は看護師精神の象徴とされています。」「日々進歩し続ける医療技術に遅れることなく、しかし、根底を流れる「感性豊かなコミュニケーションと優しい手を備えた看護」を忘れず、「患者様に常に寄り添う看護」を追求していただきたいと思います。」「今日の皆さんの誓いの言葉は、力強く、誠実さにあふれていました。今後は、この決意を忘れることなく、看護学生としての更なる自覚と向上心を養い、将来立派な「自律した看護師」となれるよう努力してください。」と述べました。

市川 幸子 菊川市立総合病院副院長兼看護部長からの祝辞では、「技術の未熟な新人看護師に患者様から「あの看護師さんのおかげでとても明るい気持ちになった。」「排泄ケアのときの対応は、あの新人看護師さんが一番よかった。」と言われることがあり、新人看護師であっても、明るく元気に笑顔で対応していることが、多くの患者様の心の支えとなり印象に残っています。ここで病棟実習に向けてのアドバイスをします。看護は一人で行うものではなく、チーム員が協力して最高の看護を提供していかなければなりません。そこでは、チームメンバー 一人一人の意見を尊重していくことが大切になります。そして、この今日の純粋な決意を一生忘れることなく、今後の勉強や病棟実習に頑張ってください。」と学生たちを激励しました。

榊原 敏矢 菊川市立総合病院事務部長からの祝辞では、「30年前に入院したときに対応してくれた看護師さんの明るく元気な言葉に大変励まされたことは、今でもはっきり覚えています。この30年で医療技術はめざましく進歩しましたが、患者さんに最も接する看護師さんがかける思いやりのある言葉が、患者さんにとって大きな力になることは、全く変わっていません。皆さんも看護師となって、そうした言葉がけが出来るよう、心の研鑽に努めてください。」と学生たちを激励しました。

ナイチンゲール像に灯されたロウソクから自らのロウソクに灯りをうつし、2年生一人一人が「看護に必要な知識・技術・コミュニケーション能力を習得し、信頼関係を築きながら個別性のある看護を実施し、患者様だけでなく家族の心の支えとなれるような思いやりと責任のある看護師を目指します。」「経験を無駄にせず向上心を持ち、学び続ける姿勢が不可欠です。現状に甘んじることなく成長を求め、質の高い看護を提供できる看護師を目指します。」「笑顔と優しい手で患者様を包み込み、日々の積み重ねを大切にして、知識や技術を身につけ臨機応変に対応できる、自律した看護師を目指します。」「患者様の価値観を尊重するのはもちろん、自分自身も豊かな価値観を育んでいく努力をします。そして、人それぞれの多様性を受け入れ、患者様の理解に努めます。」など厳粛な雰囲気の中で一人一人が大きな声で決意を宣誓しました。

本校への受験を考えている方に理解・関心を深めていただく目的で、磐田市、掛川市、袋井市、御前崎市、掛川市、森町に在住の中学生以上の方で、この地域の中学校・高等学校に通学している中学生・高校生、入学を検討されている大学生・社会人の方にも式典の観覧をいただいております。当日は31人(中学生1人、高校生19人、社会人1人、保護者10人)の方にご観覧いただきました。アンケートからは、「先週部活を引退して勉強に切り替えられるか不安だったのですが、皆さん一人一人の志の高い宣誓を見て、私も頑張らなければならないと思いました。『看護師なる』ということが私の中で、夢から目標にはっきり変わった日となりました。」、「私にもなりたい看護師の理想像がありますが、皆さんの宣誓を聞いてその理想像がまた増えました。アクシスに入学して2年後、宣誓式でなりたい看護師の理想像を宣誓したいです。」等の意見がありました。

式典終了後、「看護を語る会」を行いました。1~3年生が数名ずつのグループに分かれて教員を囲み、今日の宣誓式の感想や、各自の看護観を語り合いました。1年生は先輩の言葉を真剣にメモしていました。お互いの看護観を共有することで、これからの学習や実習に取り組むことの動機づけとなりました。

今日5月12日は、近代看護の生みの親とされる フローレンス・ナイチンゲール女史生誕の日でした。時代が令和に変わり、初めての宣誓式でしたが、ナイチンゲール女史の思いは確実に引き継がれていると感じられました。看護の日にふさわしい式典であり、学校全体が看護について真剣に考える1日となりました。

令和元年度宣誓式の一般観覧申し込み受付は終了しました。

2019.04.18新着情報

宣誓式(5月12日(日)実施)の一般観覧申込み受付は、

定員に達したため終了しました。

お申し込みいただいた方には、学校からご案内を送付します。(4月25日(木)頃発送予定)

なお、申込みのない方の参加は出来ませんので、ご承知おきください。

本校では2年生が毎年5月に自らが目指す看護師像を宣誓する「宣誓式」を実施しております。本年度は2019年5月12日(日)に行います。この宣誓式の一般観覧を希望される方を募集します。応募できる方は管内6市町(磐田市・掛川市・袋井市・御前崎市・菊川市・森町)に在住の中学生以上の方で以下の①から③までのいずれにも該当する方です。

①管内6市町(磐田市・掛川市・袋井市・御前崎市・菊川市・森町)に所在するの高等学校・中学校へ通学している方及びその保護者(小学生、乳幼児の同伴は不可)

②本校への入学を検討されている大学生・社会人の方

③式典中の私語、席の移動、撮影、携帯電話を使用しないことが守られる方

事前に申し込みが必要です。(先着30人 定員に達し次第、申し込みを締め切ります。)

① 電話、ファックスによる申込み

電話:0538-43-8111 FAX0538-43-8122 (平日のみ 午前8時30分~午後5時15分受付)

 

② 本校ホームページ宣誓式申し込みフォームから申込み

申し込みフォームはこちら  (受付は終了しました。)

上記ををクリックし、宣誓式申し込みフォームの画面を開いてください。必要事項を入力し、送信してください。到着次第、返信メールが送信されます。

 

申込期間は2019年4月1日(月)~4月19日(金)です。

参加が決定した方には学校からご案内を送付します。(4月25日(木)頃発送予定)

 

詳細は下記のちらしをご確認ください。

https://axis-ns.jp/files/2019宣誓式ちらし.pdf

 

第22回カリヨン祭(学校祭)を開催しました。

2018.11.15新着情報・カリヨン祭

平成30年11月10日(土)に第22回カリヨン祭(学校祭)を開催しました。

今回は、「輪~広めよう看護の心~」をテーマに学生実行委員が中心となって、聴診器を使ってみよう、子育て体験~沐浴・だっこ~、ハンドリラクゼーション、車いすに乗って段差、ジグザグ体験、救命救急体験など看護学校ならではの企画を開催したほか、焼きそば、フランクフルト、ふりふりポテト、カリヨン祭委員による「おえかきせんべい」の模擬店も出店しました。

昨日の強雨から心配されましたが、秋晴れの暖かい天候のもと、第22回カリヨン祭を行うことができました。

献血コーナー(51人献血実施)では、学生・教職員だけでなく、来場された方にも協力していただき、時間中受付が途切れることがありませんでした。学生ホールでは地域の福祉施設(4施設)に出店していただき、どのお店も多くの方でにぎわいました。

今年度は地域の高校生の来場が多くなりました。本校の雰囲気を感じて、本校受験を目指すきっかけになっていただけたらと思いました。また、卒業生も多く来校し、教員との再会や後輩のおもてなしを受けて、あちこちから歓声が上がっていました。お子さんを連れて来校した卒業生も多くいて、かわいい声も聞かれました。看護学校の学校祭ならではのとても良い光景が見られました。

当日は、地域の皆さんや高校生など560人の方々にお越しいただきました。来場された方からは、「学生の皆さんがいろいろと話しかけてくれて楽しかったです。」 「初めて来ましたがとても楽しめました。来年もまた来たいです。」 「各企画とも看護学生が頑張って取り組んでいて素晴らしかったです。」 「ハンドマッサージは人気があって待ちましたが、とても気持ちがよかったです。」 「子供にもいろいろ体験できる企画があり、1日楽しめました。」 「同じ学校出身の先輩方に学校の話をたくさん聞けてよかったです。」 「すれ違う学生の皆さんが明るい挨拶をしてくれて感心しました。看護学校ならではのブースがいろいろあって楽しめました。」といった感想が寄せられ、地域の方々との貴重な交流の時間がもてました。

1年生からは、「来場された方皆さんが笑顔で、楽しそうにしていらっしゃいました。企画を作り上げ当日運営することはとても大変ですが、全員で協力することでスムーズに仕事が進んでいくことを見て、改めて仲間との協調性の大切さを学びました。来年は、早くから準備を進めて、よりよいカリヨン祭になるように全力で頑張ります。今日は、学生の力を発揮できたり、地域の方々と触れ合うことのできたりする良い機会となりました。貴重な体験ができ、来場された方々に感謝します。」など感想がありました。

昨年を100人以上、上回る多くの方々にご来場いただきありがとうございました。在校生は、地域の皆さまとの交流、卒業し地域の病院で看護師として勤務している先輩の姿を見ることができ、大変有意義な時間となりました。1年生の実行委員が中心となって来年もより楽しめる「カリヨン祭」にしていきます。ぜひご期待ください。

 

今回のカリヨン祭は、1・2年生16人から構成されるカリヨン祭実行委員会が中心となって準備から当日の全体の進行、各企画の取りまとめ、会計等の事務を行いました。委員の学生の感想を紹介します。

平田実行委員長

実行委員長という責任の重い役をやることになり、自分に勤まるのか不安でしたが、他のカリヨン祭委員の学生に協力してもらい、助け合いながらでき、なんとかやり通すことが出来ました。ご来場くださった皆さんも楽しそうにしていた姿を見て、今回の活動を通していろいろな方とふれあうことが出来て、貴重な経験となりました。多くの方々にご来場いただき、ありがとうございました。

 

2年生委員(企画)

早くから動き始めないと当日スムーズに回らないなと感じました。来場された方との連絡の取り合いは、カリヨン祭全体に関わることなので責任が大きく1日大変でした。来場された方は挨拶をすると笑顔で返してくれ、小さなお子さんも元気で楽しんでいる様子が見られたのはよかったです。カリヨン祭が地域の方々とのふれあいの場になることはとてもよいことだと思います。仕事の大変さや責任の大きさについて学ぶことが出来ました。後輩には、カリヨン祭の進行の準備を早い段階から準備していってほしいです。

 

2年生委員(クラス担当)

「らくがきせんべい」には、たくさんのお客様に来ていただき、とても楽しく、うれしかったです。親子連れからお年寄りの方まで、いろいろな方とコミュニケーションがとれて貴重な時間となりました。準備が多く大変でしたが、よい機会となりました。後輩には今年以上にもっと活気のあるカリヨン祭になるよう応援しています。

 

1年生委員(企画)

自分が担当した企画は考えることややることが多く大変でしたが、同じ委員やクラスの学生と協力して進めることが出来てよかったです。当日のことを考えると、カリヨン祭委員のみで決めるよりもクラスの学生が主体となって考えたり、進めたりするほうがよりよい企画になると思いました。小さなお子さんからお年寄りまで多くの方に来場していただき、とてもうれしかったです。来年は私たちが主体となって1年生を引っ張っていきながら頑張っていきたいです。

 

1年生委員(副委員長)

初めてのカリヨン祭で何をしていいのか最初分からずにとまどいましたが、2年生と協力して一緒にカリヨン祭を盛り上げることが出来てよかったです。「らくがきせんべい」をカリヨン祭委員会の企画として初めて行いましたが、多くの方が来て、楽しく絵を描いていました。また、来場された方皆さんが笑顔であふれていていました。来年も多くの方に喜んでいただける企画をカリヨン祭委員で考えていきたいです。

第22回カリヨン祭(学校祭)を開催します。

2018.11.02新着情報・カリヨン祭

第22回カリヨン祭(学校祭)を下記のとおり開催します。

テーマ:「輪 ~広めよう看護の心~」

日時: 平成30年11月10日(土) 10:00~15:00 入場無料 どなたでも参加可能

今回は「輪 ~広めよう看護の心~」をテーマにしました。

今年6~7月にかけて、大阪府北部地震。西日本豪雨などで多くの方々が被災されました。看護師を目指している私たちは、被災されている方のために何かできることはないか、この中東遠地域で災害が起きたとき何をするべきなのかを考えました。そして、手と手をとり合い、協力して看護の輪を広げていかなければならないと感じ、このテーマに決定しました。

 

看護学生ならではの身体測定、ナース体験、車いす体験、子育て体験のほか、景品付きスタンプラリーなど楽しい企画がございます。

また、総務課窓口にて入試願書の配付、過去問題集の販売も行います。

 

看護師という同じ夢を持つ仲間たちが協力し合って楽しい学校祭にしたいと準備を進めております。地域の方々に本校のこと、看護のことを知ってもらい看護の輪を広げていきたいと考えております。入場無料でご参加いただけます。地域の皆様、看護学校にご関心をお持ちの皆様、本校の受験を考えている皆様のお越しをお待ちしております。

 

カリヨン祭のポスターはこちら

https://axis-ns.jp/files/第22回カリヨン祭ポスター.pdf

カリヨン祭のパンフレットはこちら

https://axis-ns.jp/files/第22回カリヨン祭パンフレット.pdf

 

お知らせ

アクシスの受験を考えている皆さんへ

当日、入試願書の配付、過去問の販売を行います。

学校案内等も配付しています。

総務課窓口までお気軽にどうぞ。

平成30年度オープンキャンパスを開催しました。

2018.08.02新着情報・オープンキャンパス

7月29日(日)に、本年度のオープンキャンパスを開催しました。

 午前・午後2回実施し、高校生や社会人、その保護者など合わせて284人(参加者184人、同伴者100人)が参加し、学校説明、平成31年度入学試験の説明、2年生による体験発表、模擬授業体験、個別相談、2年生との懇談会を行いました。

 体験発表では、2年生の在校生各回3人が 看護師、アクシスを目指した理由、学校生活を通して感じたアクシスの魅力、そして自分はこれからどのような看護師になりたいかなどを発表しました。皆さんが真剣に話を聞き、メモをとる様子が見られ、発表が終わるごとに会場は拍手で包まれました。

 模擬授業体験では、模型を使った筋肉内注射体験、モデル人形を使った心電図測定、妊婦のヘルスアセスメント(妊婦体験等)、アロマオイルを用いたハンドマッサージなど午前・午後の2回で計17コースの模擬授業が行われました。各コースとも看護学校ならではの講義と演習が展開され、本校2年生も教員と一緒に、参加された皆さんが楽しく授業を受けられるように手伝い、授業を終えた皆さんは満足された様子で戻られていました。

 本校2年生による施設案内では、保護者の方も一緒に見学をし、皆さん学生の説明に耳を傾けながら、校内を巡回しました。

 最後に在校生との懇談会が学生ホールで行いました。学生ホールのあちらこちらで参加された皆さんと学生の話しの輪ができていました。打ち解けた様子でいろいろと話をし、参加された皆さんもいろいろ情報収集ができたようでした。在校生にはあらかじめ「参加された方に積極的に声をかけて話に誘って、楽しく話をするように。」と伝えていましたが、しっかりとした声掛けと和ませる会話ができていました。時に学校の先輩と後輩が顔を合わせることもあり、中東遠地域の皆さんが多く参加されたことがうかがえました。

 

参加された皆さんからは、

「小学校の頃からあこがれていた学校に実際に来ることが出来てうれしかったです。来年はぜひ受験したいです。」

「在校生の体験発表が聞けてとても良かったです。特に「夢をあきらめない」という言葉が心に響きました。」

「在校生の体験発表を聞いて、こんな先輩がいる学校に入学したいと思いました。」

「去年は体験できず今年はぜひやりたいと思っていた筋肉内注射の模擬授業を体験できてうれしかったです。ぜひ受験したいです。」

「鼻腔吸引の模擬授業で、吸引をやってみてとても苦しかったです。患者さんの気持ちが体験できてよかったです。」

「在校生や先生方も親切に接してくださり、とても良い学校だなと思いました。これからの勉強の励みになりました。」

「在校生との懇談会で、実際の学校生活の話をいろいろ聞くことが出来て、不安に思っていたことがなくなり良かったです。」

「雰囲気がとてもよく、意識の高い環境で学ぶことが出来そうだと実感しました。

「知っている先輩から話を聞くことができて、学校について詳しくわかりました。」

など感想がありました。

 前日から台風12号の影響で、開催が危ぶまれていて、当日の朝、開催の決定をした状況でした。帰りにアンケートを提出していくときに、参加された皆さんの満足された顔がうかがえて、オープンキャンパスが開催できて本当によかったと思いました。

 参加された皆さんには、実習先の障がい者就労支援施設「さわや家」さんと袋井市内の障がい者就労支援施設「やくわり」さんの手づくりクッキーをお渡ししました。大変に好評でした。

 

当校では、オープンキャンパスに参加できなかった方を対象に、8月中に学校見学を受付しています。日程・申込方法等の詳細は、ホームページ新着情報「学校見学」の記事をご確認ください。

ページのトップへ