東海アクシス看護専門学校

地域貢献への取り組み

新着情報

お知らせ

イベント

入試・進路ガイダンス情報

メロプラフェスタ2018のボランティアに参加しました。

2018.05.24新着情報・地域貢献への取り組み

5月20日(日)に袋井市にあるメロープラザで行われたメロプラフェスタ2018に本校1.2年生20人がボランティアに参加しました。

メロプラフェスタとは、袋井市浅羽地域の社会教育施設であるメロープラザを使用している各種市民団体が集まって活動の報告をしたり、健康に関するブースを設けて参加される方が体験したりする年に一度のお祭りです。本校では、平成28年度より袋井市健康づくり課からの依頼で、健康づくりに関するブースにてボランティアに参加しています。

1年生5人は、袋井市健康づくり課が行った「数字拾い(認知症テスト)」、「血糖値クイズ」、「ながら体操の体験」のお手伝いをしました。ながら体操は、いすに座ってかかと上げ1分、つま先上げ1分、ウォーキング(足上げ、手ふり)1分のセットです。学生は来場者の呼び込みと参加された方と一緒にながら体操を行いました。一緒にやってみると結構きつい運動でしたが、高齢の方でも元気よくやってらっしゃる方もいて、日頃の運動が大事であることを改めて知りました。

「初めてのボランティア活動への参加でしたが、楽しく活動ができました。授業で学んだばかりの他人の話を「傾聴」するということを意識して今日1日活動し、看護学生としての一歩を踏み出すことができたのではないかと思います。」、「小さなお子さんから、高齢の方まで様々な方に楽しんでいただけて良かったです。認知症テストと言ってもゲーム感覚で小さい子供たちも真剣にやっていました。」、「小さいお子さんにルールを説明するのが、大変でした。他人と関わる経験をして、個々人に合ったコミュニケーションのやり方を考えて行動することができました。」「娘さんがアクシスの卒業生という方から声をかけられ、「毎日大変でしょうけど頑張って看護師になってね。」と言われてうれしかったです。」など1年生から感想がありました。

 

看護学生として、今後実習で患者様と接することが多くなっていく学生にとって、こうした健康に関することで、一般の方と接する機会はとても貴重な体験となります。また、地域の方々とのふれあいの中で、地域の方の優しさ、地域とのつながりがあっての学校ということを感じることができます。「自分自身の視野も広がり多くのことを学べる」と今後もボランティア活動に参加していきたいという意見が多く、有意義な1日となりました。

第29回クラウンメロンマラソンボランティアに参加しました。

2017.12.20新着情報・地域貢献への取り組み

12月10日(日)に袋井市で開催された第29回クラウンメロンマラソンのボランティアに本校学生24人(1年13人、2年11人)教員2人の計26人が参加しました。毎年主催者である袋井市スポーツ協会から依頼されており、今や本校の年中行事となっております。担当は、マラソン42.195㎞の最終盤37.4㎞地点にある第8給水所、エイドステーションの業務です。

当日は冬晴れで、走るにはちょうど良い気温でした。給水所では、水、スポーツドリンクの紙コップへの用意、エイドステーションでは、イチゴのへた取り、バナナの皮をむいて切り分ける、ミカンの皮むき、梅干しの種とり、団子・お饅頭の小分けなどの準備作業をし、ランナーの到着を待ちました。

ランナーがやってくると、用意したものが置かれたテーブルからランナーが取りやすいように手渡しながら声援を送りました。ランナーの皆さんは、看護学生からの差し入れと応援に対して「ありがとう」と答えてくれました。人の手助けをして喜ぶ顔を見ることが好きな看護学生であるため、やっているうちにとても楽しくなり、あっという間に最終ランナーまで送ることができました。

今年初めて参加した1年生の学生の感想です。

「最初は興味の気持ちでこのボランティアに参加を希望しました。最初の頃は、寒くてずっと立ちっぱなしで、大変な仕事だなと思っていました。選手の皆さんが一口で食べられるような大きさに果物を切り、手に取りやすいように手渡しし、渡すときには「がんばってください。」「お疲れ様です。」と声をかけるようにしました。選手が通過し、一生懸命走っている姿を見ると、自分ももっと応援しなければという気持ちに自然となりました。果物を受け取った選手の方から、「ありがとう。」「頑張るよ。」と言ってもらえると、とてもうれしく、今回のボランティアを終えた後は、大きな達成感を得ることができ、とてもよい経験が出来たと思いました。

地域の行事に参加することで、地域の方々と関わる場を持てるだけでなく、他人と接する時の大切なことなど多くのことを学ぶことができると思いました。また、終わった後の達成感や、地域に感謝する気持ちも感じることができる貴重な経験になると思います。今後も自分のできる範囲の中でボランティアに参加していきたいと思います。」

後日、袋井市スポーツ協会の方がお礼に見えました。ぜひ来年もお願いしたいとのことでした。今年参加した1年生がまた来年も参加して、次の1年生を指導しながら継続的にこのクラウンメロンマラソンのボランティアに参加していけたら、アクシスの良き伝統になっていくと思います。

あっ!とホーム祭2017 ボランティアに参加しました。

2017.09.04新着情報・地域貢献への取り組み

9月2日(土)に学校近くにあるサンライフ袋井が主催した「あっ!とホーム祭2017」にボランティアとして1年生6人(男子4人女子2人)2年生6人(男子4人女子2人)合計12人、教員2人が参加しました。

この行事は日頃、袋井市労働者福祉センター「サンライフ袋井」を利用して習い事をされている方の発表の場であり、近隣の中学校、大学もブースを設けて参加しています。今年度本校も初めてブースを設け、健康コーナーとして、ハンドマッサージ、車いす体験を行いました。

地域の方々が多く来場され、体験をされました(ハンドマッサージ76人、車いす体験50人)。ハンドマッサージを受けた方からは、「気持ちがよくなった。」、「手が軽くなった。」など意見が聞かれ好評でした。また、車いす体験をされた方は、「なかなか難しいです。」と言いながら学生のアドバイスを受けて、楽しそうに行っていました。当日マーチング演奏を披露した袋井南中学校吹奏楽部の皆さんも多く体験して、「将来アクシスの学生になってくれるかも。」と学生たちも優しく対応していました。

参加した学生からは、「中学生から高齢の方まで地域の幅広い方々とお話が出来て、楽しかった。」などの感想がありました。また、今回は男子学生が多く参加し、アクシスの男子学生の学年を超えた団結力も見られました。

11月11日(土)にはカリヨン祭(学校祭)があります。多くの地域の方々とふれあいが出来ることを楽しみにしています。ぜひ、足をお運びください。お待ちしております。
ページのトップへ