東海アクシス看護専門学校

活躍する先輩たち

新着情報

お知らせ

イベント

入試・進路ガイダンス情報

菊川市立総合病院

25

19

A・Kさん

東海アクシスでよかったと思う事

東海アクシス看護専門学校は実習が多いため患者様と接する機会が多く、学べることがたくさんある学校だと思います。学校の先生方からは、よく「患者様のところに行きなさい。電子カルテより患者様のところで見つける情報のほうが多いのだから。」と言われました。それは、就職してからも意識していることです。

お仕事での体験談

私が以前プライマリーで担当した患者様は、長期間ベッド上から動けないという制限がありました。
患者様は入院生活にストレスを感じ落ち込んでいる日々が続いていました。せめて患者様の話を聞くことでストレスの軽減になればと思い、できるだけ患者様のところに行って話を傾聴しました。
話の中で涙を流しながら、先行きの見えない入院生活への不安や、大好きなペットに会えない寂しさを訴え、強いストレスを抱えていることがわかりました。
それからは、入院前のようにペットと一緒に暮らせるようになることを目標にしてリハビリに前向きに励まれるようになり、笑顔も増えていきました。
寝たきりだった患者様が歩けるようになるまで回復して、退院する際には「本当にありがとうね。」と感謝の言葉をいただき、看護師をやっていてよかったなと思いました。

後輩たちへのメッセージ

つらいこともありますが、とてもやりがいのある仕事です。皆様にもぜひ実習に来ていただき、たくさんのことを学んでいただけたらいいなと思います。皆様のお越しをお待ちしています。

ページのトップへ