このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

東海アクシス看護専門学校

サイトマップ

お問い合わせ案内

アクシスで輝く あなたの夢と情熱

資格・カリキュラム

卒業後の資格

  1. 看護師国家試験受験資格
  2. 保健師・助産師学校入学試験受験資格
  3. 大学編入試験受験資格

カリキュラム

本校の教育理念で基本としているものは、生命の尊重、人間の尊重という精神を大切にできる看護師の育成です。この教育理念を教育カリキュラムに具体的に反映させるため、本校では『人間』『環境』『健康』『看護』『自己教育性』の5つを教育カリキュラムの構成概念としています。

教育課程は次の2つのことを基本として編成し具現化しています。
1つには、人間を対象とし、生命に直接関与するという職業特性をとらえ、看護専門職としての倫理観をもってその職を遂行できる人間としての成熟を促す教育内容とすることです。
2つには、卒業後に活用できるための看護の実践力を身につけることであり、その基礎となる判断能力、問題解決能力、応用能力と、その原動力となる看護観を養うための教育内容とすることです。そして、教育目的・目標ならびに卒業時の到達目標は専門職としての通過点ととらえ、卒業後も生涯にわたって自己研鑽ができるための自己教育性が身につくことを促す教育方法とすることです。

基礎分野

科目
科学的思考の基盤 生物学
心理学
論理学
倫理学
情報科学
人間と生活、社会の理解 教育学
社会学
文学
人間関係論T・U
スポーツ健康科学
芸術
看護英会話

「専門基礎分野」や「専門分野」の基礎となる内容、科学的思考及びコミュニケーション能力を高め、感性を磨き、自由で主体的な判断と行動を促す内容、人間と社会を幅広く理解できる内容、国際化及び情報化社会へ対応しうる能力を養える内容、職務の特性を鑑み、人権の重要性について十分に理解させ、人権意識の普及・高揚が図れる内容となるよう、<科学的思考の基盤><人間と生活・社会の理解>に分類し科目を設定しています。

専門基礎分野

科目
人体の構造と機能 解剖生理学T・U・V・W
生化学
栄養学
疾病の成り立ちと回復の促進 病理学
病態学T・U・V・W・X
臨床医学特論
微生物学
薬理学
健康支援と社会保障制度 健康科学概論
保健医療論
公衆衛生学
社会福祉
関係法規

人体を系統立てて理解し、健康・疾病・障害に関する観察力、判断力を強化する内容、臨床で活用可能なものとして学ぶ内容、演習を強化した内容、となるよう<人体の構造と機能><疾病の成り立ちと回復の促進><健康支援と社会保障制度>に分類し科目を設定しています。

「専門分野」である看護学は、「専門分野T」「専門分野U」「統合分野」の3つで構成されています。

専門分野T

科目
基礎看護学 基礎看護学概論
共通基本技術論
共通基本技術演習
生活援助技術論
生活援助技術演習T・U
診療援助技術論
診療援助技術演習
臨床看護総論
基礎看護学実習T・U
臨地実習

基礎看護学であり、看護学の土台に位置づけられ、専門分野U、統合分野に共通する概念・理論・技術を内容としています。







専門分野U

科目
成人看護学 成人看護学概論
成人臨床看護T・U・V・W
成人看護技術演習
老年看護学 老年看護学概論
老年看護生活援助論
老年看護機能障害別援助論
老年看護技術演習
小児看護学 小児発達論
小児臨床看護総論
小児臨床看護
小児看護技術演習
母性看護学 母性対象論
母性の健康と看護
周産期の看護
母性看護技術演習
精神看護学 精神看護学概論
精神看護援助論T・U
精神看護技術演習
臨地実習 成人看護学実習T・U・V
老年看護学実習T・U
小児看護学実習
母性看護学実習
精神看護学実習

成人・老年・小児・母性・精神という対象別の看護学です。

統合分野

科目
在宅看護論 在宅看護概論
在宅看護援助論T・U
在宅看護技術演習
看護の統合と実践 看護マネジメント論
国際看護論
看護研究演習
看護実践統合演習
臨地実習 在宅看護論実習
看護の統合と実践実習

看護実践能力の向上を目指し、臨床との乖離を埋めるものとして設定した「看護の統合と実践」と、対象特性を超えて場の特性を扱う「在宅看護論」の2つで構成されます。
「専門分野」の各看護学の科目構成と進行順序は、『理論』→『演習』→『実習』とし、最終段階として、「看護の統合と実践実習」では、病院組織及び経営の視点から看護マネジメントと看護倫理観および安全管理におけるリスクマネジメント能力、また、看護チームに所属しチームマネジメント能力を養い、複数患者を対象とした統合看護実践能力を強化し、看護の統合を目指し(統合して実践できる)、卒業後の生涯学習へと発展できることを目指しています。

1年次は、「基礎分野・専門基礎分野」を中心に「専門分野T」を通して看護の基礎をしっかり学びます。2年次・3年次からは、「専門基礎分野」「専門分野U」「統合分野」を学び、演習・臨地実習など実践的なカリキュラムで現代の看護に必要とされる知識と技術を身につけます。
基礎から専門分野までしっかり学べる充実したカリキュラムで、卒業後すぐに医療現場で活躍できる看護のプロを目指します。

ページの先頭へ